2010年06月02日

首相進退、結論出ず=小沢氏と協議継続(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日夜、国会内で民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と再会談し、党内で首相退陣論が拡大していることを踏まえ、今後の政権運営について協議した。しかし、首相と小沢氏らの意見は一致せず、2日以降も協議を継続することになった。
 会談は約30分間行われた。首相は会談を終えて首相官邸に入る際、記者団の「続投か」との質問に、笑顔を見せながらも無言だった。小沢氏は記者団の問い掛けに答えず、輿石氏は「コメントしない」とだけ語った。
 会談後、首相と会った平野博文官房長官は「(3人は)引き続き話し合う」と記者団に説明。民主党の細野豪志副幹事長は「国会情勢について意見交換した」と述べた。
 3者会談では、首相の進退を問う声が党内で強まっていることへの対応も話し合われたとみられるが、首相周辺は1日夜、「続投だろう」と指摘。別の首相周辺も「首相が辞めるという雰囲気は感じなかった」と語った。
 小沢氏は、1日に延期していた記者会見を2日以降に再び延期。首相も、1日夜に予定していた記者団の「ぶら下がり取材」に応じなかった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
首相進退をめぐる動き(1日)

<加藤一二三氏>控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
JAL・FDA機、最後の“ツーショット”(読売新聞)
首相動静(5月27日)(時事通信)
10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
posted by シダ トシカズ at 09:19| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。