2010年02月20日

普天間、5月決着変わらず=平野長官が強調(時事通信)

 平野博文官房長官は16日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「スケジュールに何ら変わるところはない。5月末までに政府としての意思決定をしなければならない」と述べた。同問題をめぐっては、17日に予定されていた社民、国民新両党の移設案提示が先送りされることになったが、新たな移設先を5月に決定するとの政府方針に変わりがないことを強調したものだ。
 同時に、平野長官は「楽にやれるとは思っていない」として、与党内の調整を図りつつ、米国の同意を得るのは容易ではないとの認識を強調。今後の検討の進め方については、政府・与党の検討委員会での議論の状況を見ながら、平野長官自身も移設案を示す考えを示した。社民、国民新両党の案を含めた提示の時期については「予見を与える」と言及を避けた。 

【関連ニュース】
普天間移設、具体案提示先送り=国会審議への影響懸念
普天間、県外移設は困難=国民新・下地氏
普天間の政党案、評価避ける=鳩山首相
外相「5月までに結論」=米上院太平洋小委員長に説明
シュワブ陸上案に反対=社民・福島氏

ハイチ派遣自衛隊が活動開始(産経新聞)
東北の販売店 プリウス修理開始 不安解消へ作業急ぐ(河北新報)
<北教組献金>普段使わぬ口座入金 小林陣営、違法性認識か(毎日新聞)
「無我夢中」ホーム転落女性助け、間一髪退避(読売新聞)
<プリウス・リコール>トヨタ系販社、休日返上で顧客対応(毎日新聞)
posted by シダ トシカズ at 00:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。