2010年03月24日

郵貯限度額を引き上げ=郵政改革の骨格発表−政府(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相と原口一博総務相は24日朝、記者会見し、郵政改革の骨格を発表した。郵便貯金の預入限度額を2000万円(現行1000万円)、簡易保険の加入限度額を2500万円(同1300万円)にそれぞれ引き上げる。
 日本郵政グループの再編では、現在の持ち株会社である日本郵政と郵便局会社、郵便事業会社(日本郵便)を統合して設置する新たな親会社の株式について、政府が経営上の重要事項に対する「拒否権」を握る3分の1超を保有。親会社にはゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の株式3分の1超の保有を義務付ける。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」−名古屋簡裁(時事通信)
電子書籍で懇談会=データ形式視野に協議−政府(時事通信)
【ワイドショー通信簿】子ども手当てと米百俵精神 小泉ジュニア、保育所に乗り込む
5歳餓死「イライラした時殴った」父も虐待認める(読売新聞)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
posted by シダ トシカズ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

海賊版防止へ日中協力 覚書交換 定期協議や人材交流(産経新聞)

 日中両政府は15日、映画や音楽を違法コピーして安く販売する海賊版の流通など著作権侵害を防ぐため、定期協議や人材交流を通じて協力していくことで正式合意した。来日している中国国家版権局幹部が同日午前、玉井日出夫文化庁長官と覚書を交換した。

 国家版権局は著作権を管理する中国国務院(政府)直属の機関。中国政府は「違法コピー天国」との国際的な批判を受け、著作権保護やネット管理強化に乗り出しており、海賊版対策の連携を通じ経済や文化交流を推進する方針だ。

 覚書は著作権分野での協力について「日中両国の経済、ひいてはグローバル経済の発展に寄与する上で重要な意義を持つとの認識に至った」と強調。(1)毎年1回、日中が交互に著作権会議を開催(2)著作権の制度構築や保護に関し政府職員の人材交流や研修を実施(3)著作権問題に関するシンポジウムを開催−などを盛り込んだ。

<八千代銀行本店>工事現場に弾痕数カ所 11月にも 東京(毎日新聞)
緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待(医療介護CBニュース)
景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり−政府(時事通信)
<第二京阪道路>20日に全面開通…国道1号渋滞緩和へ期待(毎日新聞)
「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
posted by シダ トシカズ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

東急田園都市線がストップ 週末の帰宅客に影響(産経新聞)

posted by シダ トシカズ at 00:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。